ビッフィ・クライロの名盤と名高いアルバムOnly Revolutionsにドハマり!

筋トレをしたおかげで体中が筋肉痛でギシギシになっていて心地よい感じになっています。。

 

ですが決してM男ではありません!(キッパリ)

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは、ロック親父@秋田です!

 

あなたにどーーーーしても教えたいバンドがあるんです!

 

あなたにどーしても教えたい名盤と言っても過言ではないアルバムがあるんです!


>>オンリー・レヴォリューションズ [ ビッフィ・クライロ ]を楽天でチェックしてみる!

 

と、言うことでロック親父@秋田が激推しするバンド、Biffy Clyro(ビッフィ・クライロ)のアルバム、Only Revolutions(オンリーレヴォリューションズ)をレビューしたいと思います!

 

と、その前に、海外では人気あるんですけど、日本ではまだ認知度が低いのでバンドの紹介から行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

ビッフィ・クライロってどんなバンド?

 

個人的には超が付くくらい大好きなバンドなんですけど日本での認知度はまだまだ低いです(;´・ω・)

 

なぜじゃ。。。

 

それでも私がBiffy Clyroに出会ったときは、確か日本語版のビッフィ・クライロのWikipedia(ウィキペディア)も無かったので当時よりは少し日本でも浸透してきたんでしょうね!

 

Biffy Clyro(ビッフィ・クライロ)は1995年結成のスコットランドの三人組ロックバンドです!

 

インディーズでデビューしたのが2002年なのでもはやベテランの域ですよね!

 

メンバーは結成当初から変わらずの鉄壁の布陣!

 

■ (Vo.Gt)Simon Neil/サイモン・ニール

■ (Vo.Ba)James Johnston/ジェームズ・ジョンストン

■ (Vo.Dr)Ben Johnston/ベン・ジョンストン

 

の三人組!

 

気づいたかもしれませんがジェームズとベンは兄弟!というか双子です!

 

バンドのリズム隊が双子ってなんか頼もしいですよね!

 

音楽的な特徴は、キャッチーで耳障りの良いメロディー。

 

緻密に計算されたリズムに卓越した演奏技術。

 

三位一体の絶妙なコーラスワーク。

 

時に激しく、時に複雑に、時に繊細に。

 

わかりやすく伝えると、たまに不規則なリズムを使うFOO FIGHTERS(フーファイターズ)といった感じでしょうか!

 

あくまでもわかりやすく言うとですよ?(ちなみにボーカルのサイモンはフーファイターズのボーカル、デイヴ・グロールに間違えられたこともあるんだとか!笑

 

そして彼らの真骨頂のライブではほぼ毎回上半身裸!甘いマスクにムッキムキの体は女子必見!笑

 

なんでこんなにムッキムキでイケメン揃いなのに日本での知名度が低いんだ。。。(そこじゃないか!)

 

まぁ音楽は間違いなく良いし、海外では色んな音楽賞貰ってるし、マネージメントとかマーケティングとかそっちの問題だとは思いますが、一応ビッフィ・クライロは2008年と2010年にサマーソニック、2014年にはフジロックフェスティバルに出演しているんですよ!

 

このブログが少しでもBiffy Clyro(ビッフィ・クライロ)の知名度に貢献できれば良いなと思います!

 

 

ビッフィ・クライロはこんなバンドが好きな人におすすめ!

 

■ NIRVANA(ニルヴァーナ)

 

■ FOO FIGHTERS(フーファイターズ)

 

■ Queens Of The Stone Age(クイーンズオブザストーンエイジ)

 

■ Dizzy Mizz Lizzy(ディジーミズリジー)

 

■ Alice In Chains(アリスインチェインズ)

 

■ NICKELBACK(ニッケルバック)

 

■ Radiohead(レディオヘッド)

 

■ The Smashing Pumpkins(ザ スマッシングパンプキンズ)

 

■ Muse(ミューズ)

 

ビッフィ・クライロの名盤と名高いアルバムOnly Revolutionsをレビュー

 

さて、ここからBiffy Clyro(ビッフィ・クライロ)のOnly Revolutions(オンリーレボリューションズ)というアルバムをレビューしていきたいと思います!

スポンサードリンク

 

ビッフィ・クライロのオンリーレボリューションズが発売されたのは2009年ですからもう9年も前ですか。。。(そりゃ白髪も生えるよ。。。)

 

出会いは本当に偶然で、当時私はmixiをやっていたのですが、そこで誰かがこのバンドのアルバム超かっこいい!

 

と言っていたのがビッフィ・クライロのオンリーレボリューションズでした!

 

ほほうそこまで言うなら聞いてやろうと、当時はまだ親父ではなく、ロック兄さん@秋田だった私は車で一時間かけて秋田に唯一あるタワーレコードへ向かったのです!(都会はお店がいっぱいあって羨ましいなぁ)

 

運良くアルバムを見つけて早速車でCDを聞くと。。。まんまと一曲目から心奪われてしまいました!(キュンッ)

 

ザッ!ザッ!ザッ!という足音から始まる明るくてポップな1曲目のThe Captainはまさにアルバムのオープニングにふさわしく、これからこのアルバムはどんな展開が待っているんだろうとワクワクさせてくれます!

 

一瞬こんな感じのポップさが売りのバンドかな?と思わせておいてからの2曲目のThat Golden Ruleではテンポをあげてヘヴィーな一面をのぞかせ「おお!こーゆーのもありなのね!」とグイグイ心を鷲づかみ!

 

3曲目のBubblesではトリッキーなギターリフから始まってBメロ~サビにかけてのコーラスワークで鳥肌が立ち、4曲目のGod & Satanはアコースティックギターの旋律とサイモンの透き通るような声でメロメロになりました!

 

5曲目のBorn On A Horseでは、サビの部分で歌いながらギターを弾くにはかなり難しいリズムを平然とこなす技術に圧倒。。。

 

そして6曲目はこのアルバムを象徴する名曲Mountains!どこか物悲しく神秘的なピアノで始まり、その後ガツーンとバンドサウンドに変わるロックナンバーですが、決して思いっきりはっちゃけるようなメロディーではなく神秘的、神がかり的とも言えるメロディーは聞き終えた後になにか胸を締め付けるものがあり、一度聞いただけでロック史に残る名曲だと理解しました。

 

7曲目のShock Shock は2曲目と似たようなテイストのロックナンバーでアルバムの雰囲気を一段とグッと引き締め、ライブでは大合唱間違いなしのこれまた名曲の8曲目Many Of Horrorにつなぎます!

 

9曲目のBooooom,Blast & Ruinはまた速いテンポのロックナンバーで、このアルバムの中ではMountainsに次ぐお気に入りの曲!テンションが上がりすぎるので車の運転中に聞くときは注意!

 

10曲目も続けて速いテンポのCloud Of Stinkとたたみかけてきて11曲目は自然と涙が流れてきそうな美しいメロディーのKnow Your Quarry。。。

 

12曲目Whorsesでは明るさの中にどこか切なさを感じる、これぞまさにビッフィ節といったラストにふさわしい曲です!(日本盤はこの後に3曲ボーナストラックが入っています)

 

もうほんっと最初から最後まで飽きない!グッと締めるところは思いっきり締めてくるのでダメなアルバムにありがちな中だるみがありません!

 

まさに捨て曲無しとはこのこと。。。

 

ロック親父@秋田がドハマりした名盤!ビッフィ・クライロのオンリーレボリューションズというアルバムを是非あなたにも聞いてほしいです!

 

きっと後悔はしないはず!

 

 

ビッフィクライロの名盤と名高いアルバムOnly Revolutionsの収録曲!

 

1.The Captain

2.That Golden Rule

3.Bubbles

4.God & Satan

5.Born On A Horse

6.Mountains

7.Shock Shock

8.Many Of Horror

9.Booooom,Blast & Ruin

10.Cloud Of Stink

11.Know Your Quarry

12.Whorses

13.Prey Hey (日本盤ボーナストラック)

14.Eye Lids  (日本盤ボーナストラック)

15.Sky Demon(日本盤ボーナストラック)

 

 

ビッフィ・クライロの名盤と名高いアルバムOnly Revolutionsのおすすめの曲!

 

■ Bubbles

ちょっと捻りのきいたギターリフとBメロ~サビにかけて盛り上げるコーラスが魅力!

 

■ God & Satan

アコースティックギターの美しい旋律とサイモンの優しい歌声に心惹かれる一曲!

 

■ Mountains

この曲を聞かずには死ねない、この曲に巡り合えて本当によかったと思わせてくれるほどの名曲!鳥肌が立つこと間違いなしです!

 

■ Many Of Horror

ライブで大合唱間違いなしの壮大なスケールの名曲!このアルバムの中ではMountainsと人気を二分しています!

 

■ Booooom,Blast & Ruin

テンションぶち上げ!血管ブチ切れのロックナンバー!運転中に聞く際は本当に注意が必要です!(ロック親父@秋田は何度もピンチに合っているからこの曲に限らずノリ過ぎには注意してね!)

 

 

ビッフィ・クライロの名盤と名高いアルバムOnly Revolutionsにドハマり!のまとめ!

 

ふぅぅぅ~~~!

 

ついつい熱く語っちまったぜ!

 

ということで、最後に今までの熱い思いをまとめたいと思います!

 

■ Biffy Clyro(ビッフィ・クライロ)は1995年結成のスコットランドの三人組ロックバンド!

 

■ 音楽的な特徴は、キャッチーで耳障りの良いメロディーに緻密に計算されたリズムと卓越した演奏技術。三位一体の絶妙なコーラスワーク!激しい曲も複雑なリズムの曲もバラードも、とにかく全てにおいて完成度が高い!

 

■ ライブの時はほぼ毎回上半身裸!(ムッキムキな体と甘いマスクは女子必見!)

 

■ NIRVANA・FOO FIGHTERS・Queens Of The Stone Age・Dizzy Mizz Lizzy・Alice In Chains・NICKELBACK・Radiohead・The Smashing Pumpkins・Museが好きな人におすすめ!

 

■ とにかくBubbles・God & Satan・Mountains・Many Of Horror・Booooom,Blast & Ruinを聞け!

 

Biffy ClyroにはOnly Revolutionsだけでなくまだまだ良いアルバム、良い曲がいっぱいあります!

 

この機会にビッフィ・クライロをあなたに知ってもらえたら幸いです!!

 

ご静聴ありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA