ブルースロックの名盤ジミヘンドリックス エクスペリエンスのAre You Experiencedをレビュー!

ブルースロックの名盤といえばあなたは何のアルバムを思い浮かべるでしょうか?

 

まぁ、色々とあるでしょうが、わたしがすぐに思い浮かぶのはJimi hendrix のAre You Experienced(アーユーエクスペリエンスト)です!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Jimi Hendrix ジミヘンドリックス / Are You Experienced 【BLU-SPEC CD 2】
価格:2186円(税込、送料別) (2018/3/3時点)

 

ジミヘンドリックスが亡くなってからもう40年以上もたつというのにその後に出てきたギタリストは誰もジミヘンの足元にもたどり着けていないといわれるほどの不滅の天才ギタリストのデビューアルバムです!

 

1967年に彗星のごとく現れた無名の新人が名だたるプロミュージシャンに尊敬され、世界を驚愕させるに至ったAre You Experiencedというアルバムを今回は徹底解剖していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

ブルースロックの名盤Jimi hendrixのAre You Experiencedってどんなアルバム?

 

1967年に発売されたJimi hendrixのAre You Experiencedはロックが好きな人やギターを趣味にしている人からすれば外すことのできない名盤で、このアルバムが嫌いな人なんていないと思います!

 

が、しかし、ロックにあまり興味がなく、ジミヘンを初めて聞くとすれば感想は変わるかもしれません。

 

きっと大半のひとは「なんだこの音楽は!!!???」となるでしょう。

 

なぜそうなると予想するのかというと、ジミヘンが普通のロックという枠にはあてはまらないからです。

 

Jimi hendrixを音楽のジャンルに分類することはとても難しいことで、ロックなことはロックなんですが、しいて言えばJimi hendrixはジミヘンドリックスという一つのジャンルを作ってしまったといっても過言ではありません。

 

ですが、誰にでもわかりやすく伝えるとしたら、現在の細分化されたロックのジャンルに当てはめるとブルースロックやサイケデリックロックに当てはまるでしょう。

 

ジミヘンの音楽の根っこはブルースとR&Bなんですが、それだとブルースロックでいいじゃないかということになりますよね?

 

Are You Experiencedに限らず他のジミヘンのアルバムにも言えることなんですが、確かに曲調はブルースとR&Bに基づいています。

 

ですが、ギターの音色を変えるエフェクターと言われる機械を使うことによって歪んだ(ひずんだ)音や浮遊感のある音を表現したり、ギターについているアームを激しく使って戦闘機の音を再現したり、更にはノイズまで曲に録音したりして独特な陶酔感を表現したりするのでサイケデリックロックとして紹介されることもあるわけです。

 

あくまでも今あるロックのジャンルに当てはめるとですけどね!

 

個人的には先ほども言いましたが何のジャンルにも当てはまらないというか枠をぶっ壊したというか、うまく説明できませんがジミヘンはジミヘンなんです!笑

 

正直自分も洋楽ロックに興味を持ち始めた中学生のころにはじめてジミヘンドリックスのAre You Experiencedを聞いたときは、有名なパープルヘイズという曲はかっこいいな~と思いましたけどその他の曲はなんとなく難しく感じていました。

 

改めてこのAre You Experiencedというアルバムの凄さに気づかされるのは色んな洋楽ロックを聴き漁って一周回ったくらいでした!

 

なので、初心者には難しいアルバムかもしれませんが、もしこのアルバムに胸を打たれるようなことがあればもう永遠にジミヘンのとりこになることは間違いないでしょう!

ブルースロックの名盤Jimi hendrixのAre You Experiencedの収録曲

 

Jimi hendrixのAre You Experiencedは実は厄介なことに発売された国と時期によって収録曲が異なります!

 

なので、もしCDを買ってから聞きたい曲がはいってなかった~(;_;)となったら大変なので、簡単に説明していきます!

 

まず、一番最初に発売されたイギリス盤はHeyjoe、Purple Haze、The Wind Cries Maryといったシングル曲は収録されず、すべて新たに録音した新曲のみ収録されています!

スポンサードリンク

 

その後、アメリカでも人気に火がついてアメリカでAre You Experiencedが発売されたときは、イギリス盤から三曲除いて代わりにシングル曲3曲を収録しました!(CDジャケットも違います)

 

あ、ちなみにカナダ盤も同じです!

 

他にはイギリス盤の収録曲の後にシングルのA面B面計6曲を足したバージョンがあります(これがおすすめ!)

 

日本国内盤では主にイギリス盤の収録曲の後にシングルのA面B面計6曲を足したバージョンが流通してると思うのでやっぱりこれがお勧めですね!

 

シングル曲は聞きやすいし有名だしなおかつ強烈なので聞いたことない人にもとっつきやすいですから!

 

これがお勧め盤の収録曲です!

 

1.Foxy Lady(フォクシーレディ)

2.Manic Depression(マニック デプレッション)

3.Red House(レッドハウス)

4.Can You See Me(キャン ユー シー ミー)

5.Love Or Confusion(ラブ オア コンフュージョン)

6.I Don’t Live Today(アイ ドント リブ トゥデイ)

7.May This Be Love(メイ ディス ビー ラブ)

8.Fire(ファイア)

9.Third Stone From the Sun(サード ストーン フロム ザ サン)

10.Remember(リメンバー)

11.Are You Experienced?(アーユーエクスペリエンスト)

12.Hey Joe(ヘイ ジョー)

13.Stone Free(ストーン フリー)

14.Purple Haze(パープル ヘイズ)

15.51st Anniversary(フィフティファースト アニバーサリー)

16.The Wind Cries Mary(ザ ウィンド クリーズ メアリー)

17.Highway Chile(ハイウェイ チャイル)

 

ブルースロックの名盤Jimi hendrixのAre You Experiencedでお勧めの曲は?

 

お勧めの曲と言われてもジミヘンの世界にどっぷりと浸かっている私からしたら全部おすすめなんですが、Jimi hendrixの音楽を初めて聴くと考えた場合のおすすめを紹介します!

 

まずは何はともあれ14曲目のPurple Haze!

 

この曲のイントロ(ギターリフ)はロックに興味が無い人でもテレビ番組やCMで一度は聞いたことがあるはず!

最強のロックアンセムとはまさにこの曲のことを言うんでしょう!

ギンギンに歪んだ(ひずんだ)ギターサウンドとジミのパワフルなヴォーカルは圧巻です!

ちなみにこの曲はローリングストーン誌の選ぶオールタイムグレイテストソング500で17位に選ばれています!

 

次は1曲目のFoxy Lady!

 

ギターのフィードバック奏法から始まるAre You Experiencedの開幕にふさわしい一曲!

これぞまさにサイケデリックロックとブルースロックの融合とでも言いましょうか、Foxy Lady!と歌うときのジミヘンドリックスの怪しさ満点の歌い方もたまりません!

ちなみにFoxy Ladyはキツネ女という意味ではなく、セクシーで魅力的な女性という意味らしいです!

 

次は3曲目のRed House!

 

この曲は激渋なブルースナンバーです!ブルースって言ったって日本の演歌歌手とかが歌うブルースではないのでお間違いのないように!

渋さの中に心を熱くさせるジミヘンのギターはたまりませんし、ジミヘンはほとんど楽譜を読めなかったらしいので、この曲のギターをほぼ即興で弾いていたのかと思うと震えてきます!

 

最後に12曲目のHey Joe!

 

本家より有名なカバー曲!笑

もはやこれはJimi hendrixの曲と言っても過言ではないし、ジミヘンのオリジナルだと勘違いしている人もいまだに沢山いるのではないでしょうか!

Billy Roberts(ビリーロバーツ)という人の原曲もなかなか素敵なので気になったらYouTubeで見れるので是非聞いてみてください!

音楽って原曲とカバー曲を聴き比べる楽しさもありますもんね!

でもやっぱりジミヘンバージョンのほうがかっこいいです!笑

と、ここまでAre You Experiencedのおすすめの曲を紹介しましたが、たぶんこの4曲を気に入ったのならあとはジミヘンワールドにずぶずぶとはまっていくとおもいますよ!

ブルースロックの名盤Jimi hendrixのAre You Experiencedのまとめ

 

と、長々と書いてきましたがJimi hendrixのAre You Experiencedについて簡単にまとめると。

 

■ Are You Experiencedはロック好きやギタリストには嫌いな人がいないくらいの名盤だけど、普段ロックを聞かない人にはとっつきにくい曲もあるかも。

 

■ 天才ギタリストJimi hendrixのギタープレイがこれでもかというくらい味わえる!

 

■ ジャンルはブルースロック、サイケデリックロックに当てはめられているが実際はその枠を超越している。

 

■ 発売された国や時期によって収録曲が違うので購入するときはよく確認することが必要。

 

■ イギリス盤の収録曲の後にシングルのA面B面計6曲を足したの日本国内版がおすすめ!

 

■ とにかくPurple Haze、Foxy Lady、Red House、Hey Joeを聞け!

 

といった感じです!

 

なんか記事を書いていたら気分が盛り上がってきたから、明日は久々にギターでPurple Hazeでも弾こうかな!

>>Jimi Hendrix ジミヘンドリックス / Are You Experienced 【BLU-SPEC CD 2】

>>次の記事!ブルースロックの名盤!ジミヘンドリックスエクスペリエンスのAxis:Bold As Loveをレビュー!を読んでみる!

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA