ミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズをレビュー!

今回はミッシェルガンエレファントの名盤と名高いアルバム「ギヤ・ブルーズ」をレビューしていきたいと思います!

 

前作、Chicken Zombies(チキンゾンビーズ)から約一年ぶりにリリースされたギヤ・ブルーズですが、ミッシェルガンエレファントの名盤と言われるだけでなく、最高傑作との呼び声も高いアルバムです!

 

 

では、その名盤の詳細に迫っていきましょう!

スポンサードリンク

 

ミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズってどんなアルバム?

 

このアルバム、ギヤ・ブルーズでは前作Chicken Zombies(チキンゾンビーズ)まであった若さ故のカラッとした雰囲気が一気になくなり、大人の雰囲気というかハードボイルドで少しヘヴィで張り詰めた雰囲気の曲が増えました!

 

バンドの演奏だけでなく、ヴォーカルのチバユウスケさんのハスキーボイスもこのころから更に一段階深みが増してきてアルバム全体の張り詰めた空気に更に凄みをプラスしています!

 

まるで命を削っているかのような物凄いパワーを感じる楽曲たちからは鬼気迫るものがあり、バンドがまさに一つの方向に向いていた絶頂期ともいえるでしょう!

 

前作、Chicken Zombies(チキンゾンビーズ)に収録されている「バードメン」という曲がテレビ番組ぷらちなロンドンブーツのオープニングに起用されヒットし、ロックファンのみならず一般の人にも徐々にミッシェルガンエレファントの名前が知れ渡り、普通ならその音楽性を次のアルバムにも生かしてきそうなものですが、更に高みを目指し進化を続ける姿勢には感服します。

 

そして一皮むけて音楽性の進化を遂げた結果、ハードボイルドでヘヴィな音楽性が大成功するわけですが、ギヤ・ブルーズに収録されているシングル曲「スモーキンビリー」「G.W.D」もヒットしカウントダウン番組では頻繁にPVが流れるようになり、お茶の間でミッシェルガンエレファントを見る機会も増え、ファンも更に増えることとなりました!

 

このアルバムの成功でライブの観客動員数もライブハウスレベルから一気にホールやアリーナクラスに増え、ギヤ・ブルーズを発表直後のライブツアーWORLD PSYCHO BLUES TOURの最終公演では横浜アリーナで前代未聞の初のオールスタンディングライブを成功させるに至ります!

 

このように日本のロック界、音楽界に並々ならぬ影響を与えたのがミッシェルガンエレファントのギヤ・ブルーズというアルバムなのです!

 

楽曲の素晴らしさや売上だけでなく、横浜アリーナ初のオールスタンディングライブを成功させた功績も含めてギヤ・ブルーズが名盤であるということは誰も否定しないでしょう!

スポンサードリンク

 

 

ミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズの収録曲は?

 

さて、ここではミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズの収録曲を紹介します!

 

1.ウエスト・キャバレー・ドライブ

2.スモーキン・ビリー

3.サタニック・ブン・ブン・ヘッド

4.ドッグ・ウェイ

5.フリー・デビル・ジャム

6.キラー・ビーチ

7.ブライアン・ダウン

8.ホテル・ブロンコ

9.ギヴ・ザ・ガロン

10.G.W.D

11.アッシュ

12.ソウル・ワープ

13.ボイルド・オイル

14.ダニー・ゴー

 

となっていますが、アルバム発売前の9枚目のシングル「アウトブルース」は未収録となっています!

 

 

ミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズの中でおすすめの曲!!

 

ミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズの中でおすすめの曲といっても正直どれもこれも好きなので選ぶには心苦しい所もありますが、心を鬼にして厳選したのでご覧ください!

 

■ 1曲目のウエスト・キャバレー・ドライブ!

ヘヴィなベースのイントロがたまらなくかっこいい!このアルバムを象徴しているようなミドルテンポのロックナンバー!ズンズンと迫ってくる感じがやばいです!

 

■ 2曲目のスモーキン・ビリー!

「ヤニで固めてるタンクちぎれて、あふれ出したんだ、愛という憎悪!」というよくわからない歌詞ですが、この曲を聴きながら煙草を吸うといつもの5倍は美味しくす煙草を吸えます!アベフトシさんのギラギラしたギターと、チバユウスケさんの普通の人には出せないハスキーボイスがたまりません!(ちなみに私は最近アイコスにしました!笑)

 

■ 5曲目のフリー・デビル・ジャム!

サーフロックをかなりへヴィにしたような一曲!中間部分でドラムのクハラカズユキさんが歌うパートがあるんですが、私はギターを弾きながらうまく歌えないので、ドラムみたいにいっぱい叩くところがあるのに歌えるって凄いなと思いました!

 

■ 10曲目のG.W.D!

この曲もベースのウエノコウジさんがかなりいい仕事をしています!ベースで始まるイントロが超かっこいいです!ちなみにG.W.Dの意味は歌詞の中にある通り「がなる・われる・だれる」という意味です!

 

■ 14曲目のダニー・ゴー!

ライブでも終盤やアンコールで演奏することが多かったファンの中でもかなり人気の高い名曲!この曲もイントロのベースがかなりかっこいい!疾走感あふれる曲なので車でドライブしているときに聞いちゃうと思わずスピードを出しすぎちゃうので注意!

 

 

ミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズをレビューのまとめ!

 

さて、ここまでミッシェルガンエレファントの名盤ギヤ・ブルーズについていろいろ書いてきましたが、ここらへんでまとめてみたいと思います!

 

■ 前作Chicken Zombies(チキンゾンビーズ)まであった若さ故のカラッとした雰囲気が一気になくなり、ハードボイルドでヘヴィで張り詰めた雰囲気の曲が増えた!

 

■ ギヤ・ブルーズに収録されているシングル曲「スモーキンビリー」「G.W.D」もヒット!

 

■ ギヤ・ブルーズを発表直後のライブツアーWORLD PSYCHO BLUES TOURの最終公演では横浜アリーナで前代未聞の初のオールスタンディングライブを成功させた!

 

■ とにかくウエスト・キャバレー・ドライブ、スモーキン・ビリー、フリー・デビル・ジャム、G.W.D、ダニー・ゴーを聞け!

もう叶うことはありませんが、一度でいいからミッシェルガンエレファントのライブを生で見たかったなぁ。。。

 

>>[CD] ミッシェル・ガン・エレファント/ギヤ・ブルーズ(HQCD)

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA