夫源病とはなんなのか 症状や対処法を解説!あの大物芸能人も悩まされている!?

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

どうもロック親父です!

今日はちょっとシリアスなお話をしようかと思います。

何の話かというと夫源病(ふげんびょう)の話しです!

あまり聞かない名前かもしれないですが、ロック親父を含め結婚している人にはとっても重大な事なんです。

という事で今回は夫源病とはなんなのか 症状や対処法を解説するとともに、今年夫源病(ふげんびょう)であることをカミングアウトした大物芸能人についても解説していきたいと思います!

スポンサードリンク

夫源病とはなんなのか?原因は?

 

夫源病(ふげんびょう)とは夫の小言や亭主関白な態度、もしくは夫の存在そのものなどにストレスが溜まって自律神経やホルモンのバランスが崩れ、妻の心身に不調が生じる状態の事を言います。

夫源病(ふげんびょう)とはいいますが、この名前は2011年に医師の石蔵文信さんが考案した造語で、正式な医学用語ではないそうです。

亭主関白で無神経で高圧的な夫ほど夫源病(ふげんびょう)を招きやすく、我慢強く耐える奥さんほど夫源病(ふげんびょう)になりやすい傾向にあります。

良く聞かれるのは夫が定年退職してずっと家にいると、長い年月日中は妻のペースで家事をしていたにも関わらずそこに夫がいる事によりペースが乱されストレスが溜まり夫源病(ふげんびょう)になると言う物ですが、実は定年退職を迎えた夫がいる家庭だけではなく、30代~40代の家庭でも夫源病(ふげんびょう)によりなってしまう人もいます。

 

夫源病(ふげんびょう)になった、もしくはなりそうな妻たちの声

 

SNSや5チャンネル(旧2ちゃんねる)その他サイトなどを調べてみて、夫源病(ふげんびょう)になってしまった、もしくはなりそうな妻たちの声をまとめてみましたが。。。

男としてはなんだか胸に刺さります。。。

 

■ 休みになると一日中三人掛けソファーで寝転がってる。ほんっと嫌。。

■ 私にも会社の上司面が抜けなくて自分の思う通りにしようとしてくるからウザイ。
部下じゃないし、部下こんな夫に使われてるのかと気の毒に思うよ

■ 旦那と顔を合わせないよう仕事入れてます。
たまにかぶったら地獄です。

■ 旦那のくしゃみにムカつき、咳にイラつき、笑い声に寒気がします

■ 旦那の会社休みの日は体調が悪い、平日は絶好調!!これは夫原病かなぁ?

■ 旦那がいると体調悪くなる 、頭痛やストレスで謎の湿疹、睡眠不足 実家に帰ったとき全て治ったのに戻ったらまた発病
毎月一週間くらい旦那がいない生活送りたい

■ 夫にディスられすぎて辛い、眠れない。

わざとその日掃除してない所を○○がきれいになったね!と言う。

調理中、脇に用意してある材料を見て、絶対にその材料じゃできない献立をわざと今日は○○だね!と言う。

気に入らないおかずだと、もう歳だから夜はお茶漬けだけでいいと言い出す。

あなたは意地悪だと抗議すると、頭がおかしい。ノイローゼだと言われる。

本当におかしくなったのかもしれない。

■ とにかく今すぐ死んでほしい。

 

と、こんな感じですが、ちょっと最後のとにかく今すぐ死んでほしいと言うのは男としてゾッとしました。

ですが、夫源病(ふげんびょう)の原因となる夫の高圧的な言動や、亭主関白な行動に問題があるからこうなってしまうわけですから、そこは世の中の男性は改めていかなくてはいけません!

夫源病の主な症状

 

では、夫源病(ふげんびょう)の主な症状を見ていきましょう。

■ 頭痛

■ 目まい

■ 動悸

■ うつ病

■ 不眠

主にこれらの症状が挙げられますが、人によって症状は様々あるようです。

特に問題なのが50~60代の夫源病(ふげんびょう)で、年齢的にも「更年期だから。。。」と決めつけ夫源病(ふげんびょう)であることに気づかなかったり、見過ごされたりする場合もあるようです。

というより、今までの更年期障害と言われてきた50~60代の女性の体調不良の原因は実は夫にあるんじゃないかという話もあります。

 

夫源病の対処法

 

ではここでは夫源病(ふげんびょう)になってしまった場合の対処法を解説していきます。

スポンサードリンク

対処法は一つではなく様々あるので、一つずつ見ていきましょう。

口喧嘩する

夫源病(ふげんびょう)になってしまったり、なりやすい人は普段から口うるさく小言を言い、高圧的な態度をとる夫に我慢に我慢を重ね、何も言わない人が多いようです。

なので思いきって今までの思いの丈を思い切りぶちかましてやりましょう!

最初はたまりにたまった不満をぶつける感じになると思いますが、次からストレスが爆発するまでため込まず、イラっと来たらすぐに相手に思ったことを言うようにしましょう!

そうして怒りを出すことによって気持ちが落ち着くようです!

 

別居する(短期間)

 

お互い一度離れてみて改めて奥さんのありがたみや大切さがわかり、関係が修復される事もあるようです。

奥さんを夫源病(ふげんびょう)にしてしまう男性はほとんど家事なんて出来ない人が多いですし、それこそ別居になれば3から4日の短い期間でも日々の食事にも一苦労です。

掃除、洗濯、食事、育児にと奥さんが頑張ってくれていたんだなとようやく理解してくれる人も多いようです。

 

心療内科か精神科に受診する

 

夫源病(ふげんびょう)は正式に病名では無いのですが、夫と妻のコミュニケーションが上手くいかず、心が蝕まれ心身に症状をきたすので、心療内科や精神科を受診するのが良いでしょう。

病院の方からカウンセリングの提案などがあり、妻のみ、もしくは夫婦揃ってのカウンセリングもあります。

専門家に今までのつもりに積もった思いの丈を話すことで、症状が良くなるそうです!

 

離婚する

 

どの様な手を尽くしても夫源病(ふげんびょう)の原因である夫に何も改善が見られなかった場合は、離婚という最終手段に出るほかになくなってしまいます。

ですが勢いや怒りに任せて離婚に走ってはいけません。

あくまでも冷静に、今後の収入は大丈夫だろうかとか、親権はどうしようとか考えた上でです。

 

夫源病(ふげんびょう)にあの大物芸能人も悩まされている

 

なんと2018年に自らが夫源病(ふげんびょう)であることをカミングアウトした大物芸能人がいます。

その大物芸能人は、上沼恵美子さんです!

上沼恵美子さんといえば歯に衣着せぬ物言いで明るい笑いを届けてくれ、関西では絶大な人気を誇る芸能人ですが、そんな上沼恵美子さんが夫源病(ふげんびょう)になっているなんて正直驚きました。

気が強く、旦那さんなんか家では座布団のようにぺったんこにされているんだろうなとおもっていたんですが、上沼さんは仕事に行く前には必ず家事を終わらせて旦那さんを仕事に送り出していたんだとか。

で、その旦那さんは夫源病(ふげんびょう)の原因にも挙げられるいわゆる亭主関白な旦那さんで、定年退職し、家にずっといても家事は一切やらないし上沼さんが風邪をひいた時、「熱があるみたいやから、早めに寝る」と言ったら旦那さんは「そしたら俺の晩ご飯はどないなる?」と言ったんだとか。。。

なかなか酷いエピソードですよね。。。

そして旦那さんの定年から数年経つと上沼さんの体調は悪化。

2013年8月には自律神経失調症を、2014年2月にはウイルス性の急性肝炎で緊急入院。

いずれもストレスが原因でかかりやすい病気と言われています。

今年の3月、上沼さんは「快傑えみちゃんねる」で「8年前から目まいがひどく、カウンセリングを受けると医師から「夫源病」と診断された」と衝撃のカミングアウトをしました。

今現在は別居しているそうですが、関西の女帝と呼ばれる上沼恵美子さんをここまで追い詰める旦那さんの亭主関白ぶりはやばすぎです。

夫源病とはなんなのか 症状や対処法を解説!あの大物芸能人も悩まされている!?のまとめ!

いかがだったでしょうか。

最後に夫源病チェックリストというのがあったので書いておきます。

1、夫は、夫の母親から大切に育てられた

2、夫は、亭主関白タイプ。上から目線の発言も多い

3、夫は、家事や育児は「妻の仕事」だと思い込んでいる

4、夫は、自分の稼ぎで一家を養ってきたと思い込んでいる

5、夫は、自分が悪くても謝ろうとしない

6、夫は、妻にねぎらいや感謝の言葉をかけることはない

7、夫には、友達がいない

8、夫は、時間の使い方が自分勝手で妻の予定をくつがえす

9、夫は、「外ヅラ」がよく、謙遜や冗談のつもりで妻を悪く言う

10、夫は、妻の行動を制限したり、いちいちチェックしたりする
これらに多く当てはまる場合は夫源病(ふげんびょう)になるリスクが高いそうなので注意が必要になるそうです。

ロック親父も死んでほしいと言われないように普段の行動や言動には気を付けたいと思います。。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA