地震が来た時の対策 食料は何日分準備すれば良い?おすすめの非常食を紹介 

最近また地震が増えてきましたね。

今回のロック親父は冗談無しで行きます。

地震大国日本とは言う物の、全く誇らしくもありませんし、むしろ勘弁してもらいたいものです。

運の良いことに私が住む秋田県は2011年3月11日の東日本大震災ではあまり被害がでませんでしたが、時代をさかのぼる事1983年5月26日、秋田も日本海中部地震で激しい揺れと津波によって甚大的な被害を受けた過去があります。

当時、日本海には津波は来ないと言われていたみたいですが、いつだって自然は人間の予想を大きく超えてきます。

もし、テレビのニュースで見るような大きな地震が来た時、冷静に対処できるのか正直自信はありませんが、万が一に備えて事前に対策をしておくことが大事です。

そこで今回は、地震が来た時の対策として食料は何日分準備すれば良いのか、それとおすすめの非常食を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

地震が来た時の対策として食料が必要な理由

 

大地震が来た時の対策として食料が必要な理由は言わずもがな飢えを凌ぐ為です。

恵まれた環境の日本で育った我々は、サバイバル能力と言うのは皆無に等しいです。

それに、災害はいつやってくるかわかりませんし、自宅や出先から避難所までたどり着けるのかと言うのも問題です。

ここ数年で大地震が複数回起きているため、現在ではどこにでもあるスーパーでも非常食や防災バッグと言った物を見かけるようになりました。

いつ、東日本大震災や熊本地震のような大地震が起きても対応できるように自宅や車の中には日持ちのする食料を常備しておくことが命を繋ぐ第一歩となることは間違いありません。

地震が起きた時の為に食料は何日分準備しておけば良いのか

 

いざ、地震が起きた時の為に食料を準備しようと思っても、一体何日分用意しておけば良いのかと言う所がわからないと、準備が整うまで時間がかかってしまいます。

でも災害はいつやってくるか予測は出来ません。

そうやって「どうしよう。。。」と何日か悩んでいる間に震度7の大地震が発生するかもしれませんし、今まさに地震が発生するかもしれません。

今いきなり地震が発生したら食料に関しては運を天に任せるしかなくなりますが、悩んでいる時間はもったいないなと思うので、食料は何日分準備すればよいのか調べてみました。

結果から言うと一番多く見られた答えが、「一人三日分」という事でした。

つまりは9食分の食料が必要になってくるという事です。

そして、水分に関しては一人当たり「一人一日3リットル」必要とのことでした。

なので、水分は最低でも9リットルは準備が必要になるわけです。

ですがこれは最低ラインの食料と水分なので、必ずしもこれで助かると言うわけではありません。

我々がまだ体験したこともないような災害が明日やってくる可能性だってあるわけです。

それこそ地震と言えば南海トラフ地震のニュースが度々テレビで放送されますが、国の中央防災会議で南海トラフ巨大地震対策についての報告によれば、1週間分の食料を確保することと発表されました。

と、いう事で、地震が起きた時の為に食料は何日分準備しておけば良いのかと言う答えは最低一人3日分~一人1週間分必要という事になります。

地震が起きた時の為の食料でおすすめってある?

 

地震などの災害が起きた時の為の食料なので決して喜ばしいものなのではないのですが、東日本大震災や、熊本地震の後、一般家庭でも非常食を用意する家庭が増えてきたこともあり、食料の中でも人気があるものもあります。

ここではそのなかでおすすめの食料を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

 

まずはこちら、5年の保存がきく非常食3日分18種類21品セットです。

・わかめご飯 100g
・五目ごはん 100g
・山菜おこわ 100g
・えびピラフ 100g
・チキンライス 100g
・ドライカレー 100g

パン

・オレンジ味 100g
・コーヒー味 100g
・黒糖味 100g

缶詰

・牛肉大和煮 80g
・さんま味噌煮 160g
・国産鶏の炙り焼き 90g

スープ
・卵スープ 2食分
・野菜スープ 2食分
・みそ汁 2食分

おやつ

・ビスコ長期保存缶 30枚(5枚×6パック)
コンパクトビスコは2箱へ変更する場合あり
・えいようかん 60g(1本)×5本入

実際にこれだけ食べて3日生活してみたと言う所が説得力もあり、人気ナンバーワンです。

しかも、いざという時のレシピ帳とリバーシブルアルミブランケットもついてくるので、食料確保もさることながら、被災した際の身の安全までカバーしてくれるセット内容が人気の秘密だと言えるでしょう。

>>5年保存の非常食を3日分18種類21品セットにした心も満たす3日間非常食満足セットを楽天でチェックしてみる!

 

 

次が、栄養士と防災士が作った7日間32種類44点非常食セットです。

・白米×4
・わかめご飯×3
・山菜おこわ×2
・田舎ごはん×2
・チキンライス×2
・五目ごはん
・ドライカレー

パン

・紙コップパン(バターとストロベリー)
・新食缶ベーカリー(EGGFREEプレーンとオレンジ

・わかめうどん
・ラーメン

・五年保存水2リッター×2

おかず

・さばの味噌煮
・ハンバーグ煮込み
・肉じゃが
・筑前煮
・イワシの煮つけ
・牛丼の具
・中華風ミートボール
・鶏肉と野菜のトマト煮
・きんぴらごぼう
・野菜カレー

汁物

・豚汁
・即席みそ汁
・オニオンスープ
・卵スープ×2
・野菜ジュース×3

おやつ

・パワーブーストようかん
・ビスコ
・ミルクスティック

1週間分となるとかなりの大ボリュームですね。

栄養士さんが作ったと言うだけあって栄養に気を配られていておかずが豊富ですし、非常食セットにありがちなごはんだけと言うわけでは無く麺類も含まれている所が人気の秘密でしょう。

5年保存 非常食セット 1人 7日間分 【防災士と栄養士が考案した身体も心も満足の32種類44点セット】を楽天でチェックしてみる!

地震が来た時の対策 食料は何日分準備すれば良い?おすすめの非常食を紹介のまとめ!

いかがだったでしょうか。

地震や津波はいつやってくるのか予測は出来ません。

冒頭でも言いましたが自然は人間の予測なんて簡単に超えてきます。

万が一大災害に見舞われてもひもじい思いをしないように、食料の確保はなるべく早くしておいた方が良いと思います。

関連記事>>地震の前に家具の転倒防止!賃貸で固定しても良い? 突っ張り棒の効果は!

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA