焚き火が出来るおすすめキャンプ場【関東編】

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

どうも、ロック親父です!

前回>>焚き火の火の付け方と後処理の方法!という記事を書きましたが、私が住んでいるような秋田の更に田舎の町なんかだと、焚き火をしたかったらちょっと広い所で勝手にやって、ちゃんと片づけをすれば苦情なんて全く来ませんし(本当はやっちゃダメなんだけどね!)

むしろ私の家の近所の人なんて自分の家の敷地内でドラム缶にゴミを入れて燃やしてますからね!w(これも本当は危ないんだけどね!w)

とにかく田舎ってのは何もないけどそんな所がゆるゆるで過ごしやすいっちゃ過ごしやすいんですが、関東の都会の方はそーゆー訳には行きませんよね!

自分の家の敷地内であってもバーベキュー位ならOKかもしれませんが、焚き火となると炎の大きさも煙の量も増えますから、よっぽど敷地が広くない限りはまず苦情が出るでしょう!

最悪警察も呼ばれちゃうし、ご近所トラブルに発展するなんて事も考えられますしね!

ま、関東地方ったって広いですから秋田と似たような田舎もありますけど、基本的に都会は建物が密集していますし、焚き火をするにはやはりキャンプ場や海に行く必要があるわけです!

そこで今回は焚き火が出来るおすすめキャンプ場【関東編】を紹介します!

スポンサーリンク

焚き火が出来るおすすめキャンプ場【関東編】

 

では、関東で焚き火が出来るおすすめのキャンプ場を紹介していきます!

調べているうちに私もキャンプがしたくなってうずうずしてきました!

 

ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県)

 

まずは千葉県にあるホウリーウッズ久留里キャンプ村!

都心から約一時間と気軽に行ける距離もさることながら、自然を満喫できる設計がGOOD!

宿泊のみ予約で泊れるツリーハウスも魅力!

焚き火は直火は禁止ですが、焚き火台を持ち込んでの焚き火はOK!

ですが、不燃シートを下に敷いていない場合は焚き火台であっても焚き火禁止なので、自前で用意するか、管理棟で販売されているものを購入して使用しましょう!

シャワーや水洗トイレもあるので初心者キャンパーにも優しいキャンプ場です!

>>ホウリーウッズ久留里キャンプ村公式サイトで料金などを詳しく見てみる!

 

キャンプラビット(栃木県)

 

栃木県にあるキャンプ場、キャンプラビットはなんと直火OKなキャンプ場です!

石で炉を組んで焚き火をすれば焚き火台を使うよりも雰囲気はやはり出ますし、ダッチオーブンを使っての料理も楽しいですよね!

お風呂も貸し切り露天風呂もあるのでチェックイン後に受付すれば家族で行った場合もゆっくり湯船につかることが出来ます!(30分)

キャンプラビットは夜の照明は必要最低限しかないので、ランタンやライトは必須!

暗いと不便なのでは?と思うかも知れませんが、暗い分夜空の星が綺麗に見えますし、カップルで行った場合はそりゃ明るい場所より暗い方が良い雰囲気になるに決まってますしw、家族で行った場合もいつもより距離が近くなって焚き火を囲みながら普段ではできない会話ができると思いますよ!

>>キャンプラビットの公式サイトで料金などを詳しく見てみる! 

 

ウェルキャンプ(神奈川県)

 

神奈川県にあるウェルキャンプは兎に角設備が充実していて広大なキャンプ場です!

手ぶらで行っても楽しめる釣り堀や、ペット連れに優しいドッグラン!

ウサギと触れ合えるうさぎ広場や川の天然プール!

売店や、テントを張らなくても宿泊できるコテージやログハウスなんかもあってカップルやファミリーなど幅広い層の人が楽しむことが出来ます!

そして焚き火の方はと言うと直火OK!

焚き火台いらずでその場にある石や葉っぱ木の枝などで行う焚き火はやはり楽しいです!

>>ウェルキャンプの公式サイトで料金などを詳しく見てみる! 

 

サンタヒルズ(栃木県)

 

栃木県にあるサンタヒルズは、女性や子供連れに人気のキャンプ場で、テントを張らなくても宿泊できるコテージが沢山あるのが魅力!

キャンプサイトでは安全と片付けをしっかりすれば直火で焚き火OK!

ドッグランもあるのでワンちゃんを連れてのキャンプも気軽にできますし、カフェやクリスマス雑貨を扱う雑貨屋さんもあるので女子の人気が高いのも頷けます!

夏はプール、冬はイルミネーションと子供心をくすぐるイベントもありますので、家族で楽しめるキャンプ場です!

>>サンタヒルズの公式サイトで料金などを詳しく見てみる! 

スポンサーリンク

 

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(千葉県)

 

千葉県にある成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場はその名の通り「成田ゆめ牧場」に隣接しているキャンプ場です!

牧場は有料ですが、キャンプ場と何度も行ったり来たり出来るので、様々な動物と何度も触れ合う事が出来るし、子供たちは広大な敷地で走り回って遊んだり、遊具で遊んだりして楽しむことが出来ます!

ここのキャンプ場もドッグランがあるのでワンちゃん連れも安心ですし、牧場ならではなソフトクリームや牛乳、ヨーグルトも大好評!

ウォシュレットトイレやシャワーを完備しているなど、初心者キャンパーでも安心!

焚き火は直火NGなので、焚き火台を使って楽しみましょう!

>>成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場の公式サイトで料金などを詳しく見てみる!

 

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ(埼玉県)

埼玉県にあるケニーズ・ファミリー・ビレッジは都心から約60分のキャンプ場で、キャンプやバーベキューはもちろんの事、遊びの広場ではバドミントンやバスケットボールで遊ぶことが出来るので、子供は体を使って思いっきり遊ぶことができます!

他にはマス釣りもあってニジマスを釣るとはらわたを取って串に刺した状態で渡してくれるので、あとは焼くだけで美味しいニジマスを味わう事が出来ます!

それから夏は名栗川を堰き止めて天然のプールで遊ぶことも出来きるようで、子供から大人まで好評です!

焚き火の方は焚き火台が必須となっています!

>>ケニーズ・ファミリー・ビレッジの公式サイトで料金などを詳しく見てみる! 

 

ASAMA Park Field(浅間園オートキャンプ場)(群馬県)

 

群馬県にあるASAMA Park Field(浅間園オートキャンプ場)はシンプルイズベストなキャンプ場です!

ドッグランがありワンちゃん連れも安心で、他は炊事場、水洗トイレ、シャワー室のみ!

なので子供が遊べる施設とかは無いんですが、むしろこれぞキャンプと言った感じで、余計な物がない自然の中で日常を忘れる事が出来るかと思います!

焚き火は出来るのかというと、「直火サイト」と言う所でだけ焚き火が出来るそうです!

でも、公式サイトの表現が何ともわかりにくい表現でして、直火サイト以外で焚き火が禁止なのはわかりますが、焚き火台やコンロ等をご利用くださいと書かれているんです。

この説明だと「直火」サイトという名前なのに直火ダメなの?ってなりますよね?

まぁ、焚き火台があるならそれに越したことはないので、焚き火台は持っていくようにしましょう!

>>ASAMA Park Field (浅間園オートキャンプ場)の公式サイトで料金などを詳しく見てみる! 

 

Campo giardino (キャンプ・ジャルディーノ)(茨城県)

 

茨城県にあるCampo giardino (キャンプ・ジャルディーノ)は、満州屋という民宿の敷地内にあるという一風変わったキャンプ場です!

キャンプ場で一番気を使うのはやはり他の家族ですよね!

ここのキャンプ場は一日5組だけの受け入れなので、他のキャンプ場よりものんびりと過ごせますよ!

屋外にシャワーやトイレもありますが、混雑時以外は民宿の中のトイレと浴室も使えるそうです!

そしてなんといっても夜になると波音が聞こえるのがGOOD!

焚き火の方は、焚き火台を使用すればOKなんですが、芝生保護のため、備え付けのブロックを下に敷くことを忘れないように!

>>Campo giardinoの公式サイトで料金などを詳しく見てみる!

 

CHILL OUT BASE WEST TAMA(東京都)

東京都にあるCHILL OUT BASE WEST TAMAは、なんと一日一組限定のキャンプ場です!

もうこれは完全なプライベート空間で、浮世を忘れて非現実の世界観を味わえます!

テントじゃなくてもバンガローにも宿泊できます!

が、当然一日一人じゃ商売あがったりなので、オフシーズンは大人最低6人から、オンシーズンは大人10人からしか予約は出来ません!

なのでソロキャンプは出来ませんが家族や友人を誘って楽しむには最高だと思います!

焚き火は所により直火OKみたいですが、焚き火台があったほうがよいのは間違いありませんので必ず持っていきましょう!

>>CHILL OUT BASE WEST TAMAの公式サイトで料金などを詳しく見てみる! 

 

焚き火が出来るおすすめキャンプ場【関東編】のまとめ!

いかがだったでしょうか!

キャンプ場ごとに特色があって楽しみ方も色々ですが、キャンプ場ごとにルールも違いますので、必ずルールは守って楽しく焚き火やキャンプをしましょう!

関連記事:焚き火の火の付け方と後処理の方法!

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA