ヒートショックは冬場に多い トイレやお風呂での対策方法!

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

どうも!ロック親父です!

冬場になるとテレビのニュースとか番組で「ヒートショックに気をつけましょう」というのを何度も呼び掛けたりしていますが、それって高齢者の人に向けて言っていると思っていませんか?

ヒートショックは決して高齢者だけおきるものではありませんし、若い人でも注意していないと突然ヒートショックになってしまう事もあります。

今回は、冬場に多いヒートショックとは何なのか、ヒートショックになりやすいトイレやお風呂での対策方法を紹介します!

スポンサードリンク

ヒートショックとは何なのか?ヒートショックでの死亡数はとても多い

 

私は以前長い事介護の仕事をしていたので、ヒートショックの危険性について何度も聞いてきたし学んできたりもしました。

ヒートショックとは特に冬場に多く、暖かい部屋から寒い風呂場へ移動するため、体温を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上がります。

そして寒いからと言って急いでお湯につかるなどすると、今度は血管が広がって急に血圧が下がり、その後にまた寒い脱衣所での着替えや暖かい部屋への移動で血圧が何回も変動することに。

そうすると当然心臓に負担がかかり失神や脳梗塞、心筋梗塞を起こしてしまう事があります。

冬場は暖かい部屋と寒い部屋の温度差は10℃以上とも言われていて、特に肌を露出する入浴時は注意しないとヒートショックになってしまう危険性は高齢者に限らず誰でもいつも隣にいると言っても過言ではありません。

お風呂場と同様にトイレも家の中では部屋と比べると大分寒い場所なので注意しなければいけません。

 

ヒートショックでの死亡数

ヒートショックは65歳以上の高齢者が9割を占めていますが、若いからと言って絶対にヒートショックにならないという事ではありません。

ヒートショックは20代でもなった例がありますし、更に幼児でもヒートショックになってしまった例もあるので、決して高齢者だけがなる症状だと甘く見ないでください。

東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所)の報告で、急激なヒートショックに関連して入浴中に急死したと推定される死亡死者数はなんと交通事故死者数(4117人 平成27年調べ)を大きく上回り年間17000人に及びます。。。

交通事故死者よりもヒートショックでなくなってしまう人の方が多いのだから決して他人事ではありません。

 

ヒートショックにならないために!トイレでの対策!

 

ヒートショックと言えばお風呂場と言うイメージもあるかもしれませんが、トイレでもヒートショックになってしまうケースは多々あります。

トイレもお風呂と同様に、冬場は家の中で特に寒い場所ですが、どのようにしてヒートショック対策をすれば良いのか解説していきます!

ヒートショック対策トイレ編1 厚着をしてトイレに行く

冬場にトイレに行くときは、トイレの中だけでなく、トイレまでの廊下もとても冷え込んでいる事が多いです!

なので、1枚何か羽織ってからトイレに向かうと良いでしょう。

カーディガンや半纏(はんてん)、褞袍(どてら)秋田だったら「どんぶく」とか、さっと羽織れて暖かい物を1枚用意してくと便利です!

 

ヒートショック対策トイレ編2 トイレ用ヒーター

 

トイレの温度を暖かくするためにトイレ用ヒーターがあると便利です!

ヒートショックは温度差によって血圧が乱高下することによって引き起こされるので、暖かい部屋との温度差を出来るだけなくすように温度調整しておきましょう!

ちなみに、国土交通省では暖房を使っている部屋と使っていない部屋の温度差は5℃以内、廊下とトイレの温度差は3℃以内であることを推奨しています!

>>パナソニック トイレ用暖房器 ポッカレット DS-F704 ホワイト(1台)【パナソニック】を楽天でチェックしてみる!

スポンサードリンク

 

ヒートショックにならないために!お風呂での対策!

 

冬のお風呂は肌を露出するため。一番ヒートショックになりやすい場所です。

なので、気をつけなければいけないことは沢山あります!

 

ヒートショック対策お風呂編1 シャワーで浴槽にお湯をためる

 

シャワーを一番高い所に設置してお湯を張るのは浴室の温度を上げるのに非常に効果的です!

ちなみに入浴する際、服を脱ぐ前にシャワーを90秒間浴室の床や壁に満遍なく撒く事でその後浴室の温度は約3.4℃上昇すると言うデータがあるので是非活用してみて下さい!

 

ヒートショック対策お風呂編2 食後や飲酒後は入浴しない

 

食後の一時間以内や飲酒をした後などはとても血圧が下がりやすい状態になっています。

なのでいつも以上にヒートショックになりやすい状況になっている訳です。

対策としてはご飯を食べる前、そして出来れば夜よりも外気温が高く温度差も少なくなるので日が沈む前に入浴すると良いでしょう。

 

ヒートショック対策お風呂編3 お湯の温度は41℃以下にする

 

日本人はみんなお風呂が大好きだし、冬場は温まりたいので他の季節よりもお湯の温度を髙めに設定しがちです。

ですが、浴槽に入れるお湯の温度を高くしてしまうと、血圧の急激な低下を引き起こしてしまい、ヒートショックの危険性が高まります。

なので、浴槽のお湯の温度は熱すぎずぬるすぎず38℃~40℃になるように設定しておきましょう!

そしていきなり浴槽にザブンと飛び込むのではなく、まずはシャワーで心臓から遠い手や足からお湯をかけて十分体を慣らしてから浴槽に入るようにしましょう!

 

ヒートショック対策お風呂編4 長湯をしない

 

長湯はリラックスできて気持ちの良い物かもしれませんが、お風呂に長湯をすると心臓に負担がかかり、血圧が低下して、入浴後に血圧が急上昇し、ヒートショックを引き起こす原因になるので、長湯はしないようにしましょう。

ちなみに熱いお風呂で長湯をするとリラックスしてなんだかボヤ~っとしてきて気持ち良いかもしれませんが、ボヤ~ッとするのは気持ち良いからじゃなくて意識障害を起こしている可能性もあるので注意してください。

 

ヒートショック対策お風呂編5 浴槽から急に立ち上がらない

 

「体も温まったしそろそろお風呂からでるか!」

と、勢いよく浴槽から立ち上がるのはとっても危険です。

何故かと言うと、お風呂から急に立ち上がると血圧が急激に下がるためです。

壁や手すりに手をかけてゆっくりと立ち上がるようにしましょう。

 

ヒートショック対策お風呂編6 部屋と脱衣所と浴室の温度差を無くす

 

ヒートショックの一番の対策としてはやはり各部屋の温度差をなくすことです。

部屋、脱衣所、浴室。

この中でいうとやはり脱衣所と言うのはどこの家庭も冷え込むところですし、その寒い所で服を脱ぐわけですからなおさら体は冷え、血圧は上昇し、そのまま浴槽に入って今度は血圧が下がると言う風に、血圧の乱高下が起こり、ヒートショックの原因になります。

対策としては脱衣所を暖房器具で暖めておくのが一番効果的でしょう。

>>【全国送料無料】人感センサー付 パネルヒーター 人感センサー付き・脱衣場ヒートショック予防 を楽天でチェックしてみる!

 

ヒートショックは冬場に多い トイレやお風呂での対策方法!のまとめ!

 

いかがだったでしょうか!

ヒートショックってなんだか他人事のように思いますが、実は自分のすぐそばでも起こりうる危険性があるという事がわかっていただけたかと思います!

冬場のお風呂やトイレには十分に注意して過ごしてくださいね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA