スプレー缶の正しい捨て方と便利な穴あけ スプレーによる爆発や火災の例

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

どうも、ロック親父です!

2018年12月16日。

今年も終わろうかと言った時期にショッキングな事故のニュースがお茶の間を騒がせました。

北海道の札幌、アパマンショップ平岸駅前店でスプレー缶120本を捨てるために室内でガス抜きをし、その後湯沸かし器を使って爆発が起きた事故です。

ロック親父もニュースで観ましたが、よく死人が出なかったなと思うくらい跡形もなく建物が吹き飛んでいて、背筋がゾッとする事故でしたが、改めてスプレー缶の正しい捨て方を確認しなくてはと思いました。

と、いう事で今回はスプレー缶の正しい捨て方と便利な穴あけの紹介。

それとスプレーによる爆発や火災の例を解説したいと思います。

スポンサーリンク

 スプレー缶の正しい捨て方!自治体ごとに捨て方のルールは違う?

 

スプレー缶の正しい捨て方というのは全国共通ではなくて、自治体ごとに微妙に違ってきます。

ですが、必ず共通することもあって、それは、「必ず中身を使い切る」と、いう事です!

これは当然っちゃ当然ですが、消臭スプレーであれヘアスプレーであれ、使う予定でお金を払って購入したのだから使い切るのは普通なわけです!

ですが、一時だけ使うために買ったヘアスプレーとか、買ってみたけど思ったより匂いがあまり良くなくて消臭スプレーが余ってしまい使わなくなってしまったという人の気持ちもわからんではないです。

そうなった場合は良くスプレー缶に穴を開けて捨てるのが一般的な考えですが、実は穴を開けてスプレー缶を捨てるという行為は自治体により推奨されていない場合があります!

環境省があまりにもスプレー缶を処分する際の穴あけで爆発や火災等の事故が相次いだため、2009年以降「廃棄する際は穴あけをしないほうが望ましい」と通知!

これにより、自治体によってはスプレー缶を処分する際穴あけをしないと定めた所と、変わらず穴あけして捨てるように定めている所とわかれてしまいました。

ですが、穴あけをしないと定めた自治体でも、未だに全体に周知されているわけでは無く、スプレー缶を捨てるときには穴を開けてゴミを出す人が後を絶たないと言った現状のようです。

なので、札幌のような悲劇を無くすためにも一人一人、自治体のごみの捨て方や、スプレー缶の正しい穴のあけ方を再確認する必要があります。

 

スプレー缶の正しい穴あけの方法!

 

 

スプレー缶に穴を開けて捨てる場合。

間違った方法で穴を開けると、今回の札幌の事故のようにとんでもない事になりかねません。

そこで、この記事を見てくれているあなたの為にスプレー缶の正しい穴のあけ方を調べたのでご覧ください!

スプレー缶の正しい穴のあけ方

 

1、必ず風通しの良い屋外で行う

良くスプレー缶に穴を開けるときに屋内の換気扇の近くで穴あけをする人がいますが、それでは喚起が不十分です。

穴あけをする場合は必ず風通しの良い屋外で、スプレーの中身を吸い込まないように風上に立って穴を開けましょう。

 

2、穴あけの際は服装に注意

屋外に出たからと言って必ず安全とは限りません。

穴あけの際のあなたの服装によっては静電気が発生し、それにガスが引火する恐れがあるからです。

スプレー缶の穴あけをする際は、ウールとポリエステルが混ざっている静電気がおきやすい服は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

特に重ね着の多い冬場は注意が必要です。

その他にも安全に穴あけするためには、肌にスプレーの中身が付かないように肘まで覆う長い手袋や、中身を吸い込まないようにマスクがあればなお良いです。

 

スプレー缶に穴を開ける際に、キリや釘、ビスなどで穴を開けようとすると缶が滑って手を怪我したり、スプレーの中身が自分に飛んでくる危険性があります。

スプレー缶に穴を開けるときは専用の穴あけ器を用意したほうが安全です!

 

スプレー缶に穴を開ける際に役立つ穴あけ器

 

スプレー缶に穴を穴を開ける際に役立つ穴あけ器には様々な種類があります。

その中でもロック親父がおすすめなのは足で踏んで穴を開けるタイプの物!

女性でも軽く足で踏むだけで穴が開くし、顔や服に中身が飛んでくる危険性も少ないので、手で穴を開けるタイプのものよりも安全です!

>>KAMADA/鎌田スプリング 足踏み式スプレー缶穴開け器 フンデヌークを楽天でチェックしてみる!

 

スプレーによる爆発や火災の例

 

札幌の事故だけでなく、スプレー缶による爆発や火災と言った事故は実は結構起きています。

一体どのようにして事故が起きたのか事例をいくつか紹介したいと思います。

スプレーによる爆発や火災の事例

1、閉め切った室内でスプレー缶のガス抜きをした直後、タバコに火をつけたら爆発した。

2、台所でご飯を作っている時に虫が出たため慌てて殺虫剤を噴射した所コンロの火に引火し、火災が起きた。

3、ストーブの近くでスプレーを使用したためガスが引火した。

4、ストーブの近くにスプレーを放置。スプレー缶が過熱し爆発した。

5、台所でガス抜きをし、その後ガス給湯器をつけたら種火が残留ガスに引火・爆発した。

と、こんな感じの事例があるんですが、どれもこれも日常でありえる行動が原因で爆発や火災につながっています。

換気扇の近くであればスプレー缶のガス抜きをしても大丈夫だろうと思いがちですが、それでは換気が不十分なので、スプレー缶に穴を開けるときは必ず屋外で行うようにしましょう!

 

スプレー缶の正しい捨て方と便利な穴あけ スプレーによる爆発や火災の例のまとめ!

いかがだったでしょうか!

今回の札幌の爆発事故は、奇跡的に誰一人命を失わなかったことが本当に不幸中の幸いでしたが、一歩間違えば現場は地獄絵図のようになっていたかもしれません。

出来るだけスプレー缶は使い切るようにし、もし穴を開けるにしても必ず風通しのよい屋外で穴を開けるように心がけましょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA