ブラック・クロウズのおすすめアルバムShake Your Money Makerをレビュー!

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

どうも、ロック親父です!

あなたはブラック・クロウズ(THE BLACK CROWS)というバンドを知っていますか?

サザンロックと言えばオールマン・ブラザーズ・バンドやレーナード・スキナードを想像する人が大多数かと思いますが、ブラック・クロウズ(THE BLACK CROWS)はロック親父的にはそれらのバンドを凌ぐくらい大好きなバンドです!

ということで今回はサザンロックを代表するイカしたカラス達!ブラッククロウズのおすすめアルバムShake Your Money Makerをレビューしたいと思います!

スポンサーリンク

ブラック・クロウズってどんなバンド?

 

ブラック・クロウズ(THE BLACK CROWS)はアメリカ南部はジョージア州アトランタでロビンソン兄弟を中心に結成されたバンドです!

1990年にデビューアルバムShake Your Money Maker(シェイク・ユア・マネー・メイカー)でデビューするんですが、アルバム発表時のメンバーは

Vo.クリス・ロビンソン

Gt.リッチ・ロビンソン

Gt.ジェフ・シーズ

Ba.ジョニー・コルト

Dr.スティーヴ・ゴーマン

です!

このバンドはメンバーの加入や脱退が忙しいのでアルバムの紹介をするたびにメンバー紹介する必要があります(汗)

音楽性はこれぞサザンロックといった泥臭く土臭い曲から、ストレートなロックソング、バラードまで幅広く、ガンズアンドローゼスのスラッシュやメタリカのラーズ・ウルリッヒなどがファンだと公言しています!

今回紹介するShake Your Money Makerと次に発表するThe Southern Harmony And Musical Companion(サザン・ハーモニー)は売り上げも評価も大絶賛され一気にロック界の頂点まで昇りつめますが、3枚目のAmorica(アモリカ)からよりディープなサザンロックの世界観を表現し始めロック親父とか一部のファンは大好きですが一般的にはあまり良い評価をしてもらえませんでした。

そこからブラック・クロウズはしばらく低迷しますが、2008年に発表したWarpaint(ウォー・ペイント)で再びヒットチャートのトップ10にランクイン!

サザン・ハーモニーで全米1位になった以来のトップ10入りですから実に16年ぶりの出来事で、カラス達は再びスターダムに返り咲きます!(今まで売り上げが伴わなかっただけで音楽は素晴らしいし、本国では人気もあったんですけどね!)

そして2009年にBefore the Frost…(ビフォア・ザ・フロスト)とダウンロード限定アルバムの…Until The Freeze(アンティル・ザ・フリーズ)を発表!

2010年には今まで自分たちが演奏してきた楽曲をアコースティックカバーしたアルバムCroweology (クロウオロジー)を発表するなど積極的に活動していましたが、2015年バンドの管理権をめぐりロビンソン兄弟の関係が悪化し解散します。

ブラック・クロウズ(THE BLACK CROWS)といい、オアシスといい、もう本当になんで兄弟でバンドやるとケンカ別れしちゃうかなぁ!

最近も弟のリッチ・ロビンソンはブラック・クロウズの再結成を否定していて「兄のクリスは、お金のことなど意に介さない平和を愛するヒッピーを気取りながら、一方で皆からお金を巻き上げようと企んでいる」と語っていることから兄弟の仲は現在も最悪といってよいでしょう。。

個人的には復活を強く望んでいるんですが、望みはかなり薄そうですorz

 

ブラック・クロウズのおすすめアルバムShake Your Money Makerの収録曲!


1、Twice As Hard

2、Jealous Again

3、 Sister Luck

4、Could I’ve Been So Blind

5、Seeing Things

6、Hard To Handle

7、Thick N’ Thin

8、She Talks To Angels

9、Struttin’ Blues

10、Stare It Cold

 

ブラック・クロウズのおすすめアルバムShake Your Money Makerをレビュー!

 

では、ブラック・クロウズ(THE BLACK CROWS)のおすすめアルバムShake Your Money Makerをレビューしていきたいと思います!

このアルバムが発表されたのは1990年!

スポンサーリンク

当時の彼らは20代前半だったわけですが、そんな若者がいきなり骨太で渋いロックを鳴らしたわけだからみんなびっくりしちゃうわけですよ!

まるで70年代にタイムスリップした様なゴリゴリのロックンロールで500万枚も売り上げ、チャートも全米4位まで上昇します!

この頃はサザンロックの土臭い感じはあるとはいえ、どちらかというとハードロックに近いストレートな音楽性でしたので、正にブラック・クロウズを知らない人にはおすすめなアルバムであります!

特筆すべきはやはりヴォーカルのクリス・ロビンソン(お兄ちゃんの方)の声!

ハスキーヴォイスには目が無いロック親父ですから好きにならないわけがないです!

よくハンブル・パイというバンドのスティーヴ・マリオットのような声と評されますが、もう絶品絶品!

ちょうどよいしゃがれ声!ハイトーンの迫力も申し分ないし、とにかくセクシー!

ただがなり散らすだけじゃなくて感情表現が豊か!

これぞロックヴォーカリストの鏡と言った感じで聴き手を惹きつけます!

弟のリッチ・ロビンソンとは仲違いしちゃってるけど、本当に早く仲直りしてほしいのです!

ブラッククロウズの曲が聴きたいんじゃ!

と、いう事でブラック・クロウズ(THE BLACK CROWS)のおすすめアルバムShake Your Money Makerを一曲ずつレビューしていきたいと思います!

 

1、Twice As Hard

20歳そこそこのメンバーが作ったとは到底思えない骨太なロックンロール!

ハードロックよりではありますがそこかしこにサザンロックのエッセンスがちりばめられています!

スライドギターが超絶カッコイイ!

 

2、Jealous Again

個人的にブラック・クロウズの曲の中で1・2を争う大好きな曲!

渋すぎるくらいのギターリフに軽快なピアノ、そしてクリスのハスキーボイスが乗っかればもう極上!

PVが超絶かっこいいので是非YOUTUBEなどで見てみて下さい!(ブラック・クロウズ布教活動)

 

3、 Sister Luck

コッテコテのバラードですがそこがまたいい!

この曲のライヴバージョンはさらに迫力を増して、クリスのヴォーカルがより胸にしみます!

 

4、Could I’ve Been So Blind

2曲目のJealous Againと似た感じの軽快かつ渋いロックナンバーですが、こっちの方がよりストレートです!

20歳そこそこでこのグルーヴ感をだせるなんて本当に恐ろしいバンドです!

 

5、Seeing Things

なんともブルージーでピアノが美しいバラード!

サビに向かうにつれて凄みを増すクリスのシャウトがたまらなくカッコイイし切なすぎる!

失恋した時に一人で酒のみながらこの曲聴いたら涙腺崩壊します!

 

6、Hard To Handle

オーティス・レディングのカバー曲で全米26位にランクインしたブラック・クロウズの中でも人気の高い曲です!

元の曲はもっとのんびりした曲なんですがブラック・クロウズのバージョンはテンポを速くし、ギターサウンドも骨太でクリスのヴォーカルも非常にソウルフル!

オリジナルよりこっちのバージョンの方が有名になった曲でもあります!

 

7、Thick N’ Thin

とにかくバカ騒ぎしたい時に聴きたくなる軽快なノリのロックソング!

イントロのスライドギターや跳ねるようなピアノが最高!

 

8、She Talks To Angels

ブラック・クロウズを代表する珠玉のバラード!

アコースティックギターのイントロも切なくて良し!

クリスの胸が張り裂けそうになる切ない歌い方も良し、歴史に残るロックの名バラードです!

ロックに興味がない人でもすんなり聴けちゃうほどに美しいメロディなのでYOUTUBEなどで聴いてみよう!

きっとブラッククロウズが好きになるはず!

 

9、Struttin’ Blues

通常このようなギターリフはもはやロック界では使いつくされて古ぼけてしまったように思いますが、ブラック・クロウズはそうは感じさせないグルーブ感を持っています!

普通のバンドだったら最初の勢いのまま走り切っちゃうようなもんですが、サビでいったんテンポを落としてグッと聴かせる所がまた憎い!

 

10、Stare It Cold

アルバムのラストナンバーではありますがバラードでしんみり終わるのではなく、最後の最後までロックしています!

後半にテンポアップして疾走していく所は王道のパターンだけどもブラック・クロウズらしさが出ていて最高にかっこいいです!

>>ブラック・クロウズのシェイク・ユア・マネー・メーカーをAmazonでチェックしてみる!

 

ブラック・クロウズのおすすめアルバムShake Your Money Makerをレビュー!

いかがだったでしょうか!

ブラック・クロウズが紹介されるときは一般的に評判の良い今回紹介したShake Your Money MakerとセカンドアルバムのThe Southern Harmony And Musical Companion(サザン・ハーモニー)ばかりがピックアップされることが多いのですが、ロック親父的にはブラック・クロウズに外れなしなので、機会があればすべてのアルバムをレビューしたいと思います!w

もう解散してしまっている事もありますがいまいち日本での知名度が無いのでこのブログで少しずつブラック・クロウズの素晴らしさを広めていきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA