節分の豆まきの由来と作法 最強の渡辺さんとは!?

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

どうも、ロック親父です!

節分と言えば豆まき!

日本全国のお父さんは鬼の役になって子供や奥さんに容赦なく豆をぶつけられる日でもありますね!w

ロック親父も節分になると毎年のように豆をぶつけられていますorz(たまに鬼の役をお母さんがやってもいいと思うの。。。)

そんな節分ですが、なんで節分に豆をまくのか由来って知ってますか?

私は毎年のように豆をぶつけられながら「なぜ節分に豆をまかなきゃならんのだ」と疑問に思っていました。

そこで今回は、節分の豆まきの由来と作法を調べてみました!

そして節分に関して調べているうちに、節分に関係する最強の「渡辺さん」の情報もつかんだので合わせてご覧ください!

 

節分に豆まきをする由来を解説

 

何で毎年私が鬼の役で豆をぶつけられなきゃならんのだと思いながらも、毎年鬼の役を演じているうちに鬼の

演技もだんだんリアルになってきましたw

さて、節分に豆まきをするようになった由来ですが、節分って実は一年に4回あるんです!

節分とは季節を分けると言う意味で立春、立夏、立秋、立冬の前日の事を言います!

現在広く知られている節分は豆まきをする立春だけですが、なぜそうなったのかというと、

日本では古くから一年の終わりと始まりの節目を大事にしていたので、冬から春になる立春だけが最も重要視されて節分と言えば立春の節分だけを指すようになったんだとか!

ちなみに現在の節分と立春は旧暦の大みそかと元旦とほぼ同じ日にちだそうで、ずれても最大で半月ほどなんだとか!

もうちょっと詳しく言うと旧暦の元旦は立春に最も近い新月の日の事を言うそうです!

古来より季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていて、豆まきをして邪気(鬼)を追い払い、無病息災を願ったんだとか!

邪気(鬼)を負い払うのになんで豆をまくようになったのかは諸説あります。

節分に豆まきをするようになった由来!
1、魔の目(魔目=豆)に豆をぶつけて魔を滅す(魔滅=豆)という説。

2、昔から米や豆には邪気を払う力があると言われていて、豆の力で邪気や鬼を追い払うために豆をまくようになったと言う説

3、宇多天皇の時代に鞍馬山の鬼が都で大暴れして人々を困らせていました。そこで鬼の穴を祈祷で封じて、鬼の目に炒り豆をぶつけて目をつぶして災難を逃れたと言う説。

4、鬼が都で暴れている時に、神様のお告げで鬼の目に豆をぶつけたら撃退に成功したと言う説。

などなど探せば由来はまだ出てきますが、大体有名どころはこんな感じです!

鬼が都で暴れたりするのがまず悪いんですが、その後ほとんど豆で目をつぶされてるという想像したら結構かわいそうな由来が多いです!

3番の由来なんて鬼の穴を封じられた上に目をつぶされてますからね!w

でも自宅で節分に豆まきをするときは目を狙っちゃダメ!絶対!

 

節分の豆まきの正しい作法とは!

 

調べたところ、節分の豆まきにはちゃんとした正しい作法があって、むやみやたらに何でもかんでも豆をまけば良いというわけでもないようです!

ちょっと驚きの作法もあったので順番に紹介していきますね!

節分の豆まきの正しい作法!
1、 必ず炒った豆を使う!

2、「鬼は外!福は内!」と元気よく掛け声をかけながら豆をまく!

3、豆をまくのは家の当主、あるいは年男・福女(年女)がまく!

4、まいた豆を自分の数え年分食べる!

と、これが節分の豆まきの正しい作法なんですが。。。

まず3番が一番驚きました!

家の当主が豆をまくのなら今まで私が鬼になりきってバチバチ豆をぶつけられていたのは何だったのかと!

声を大にして訴えたい!!!!

まあ。どうせこのことを言ったところで今回も鬼なんでしょうけどorz

子供の為に頑張りますよ!

4番の数え年の分だけ豆を食べるというのは一般的にも知られているかと思いますが、理由は風邪をひかないという言い伝えから来ています!

因みに名字に「鬼」が付く家庭の場合(鬼澤とか鬼塚とか)は「鬼も内!福も内!」と掛け声をするそうです!

 

節分の豆まきをしなくても良い最強の渡辺さんとは!

 

節分に豆まきをするのは日本人ならば誰でも知っていることですが、節分に豆まきをしなくても良い人達がいるのは知らないんじゃないでしょうか?

私も今回節分の由来や作法を調べるまで知らなかったんですが、「渡辺さん」は豆まきをする必要が無いんだとか!

なぜ渡辺さんが豆まきをしなくても良いのかという理由は、平安時代にまで話が遡ります!

スポンサードリンク
節分に渡辺さんが豆まきをしなくても良い理由!
時は平安時代、大江山に住む酒呑童子(しゅてんどうじ)という鬼がいました!

当時酒呑童子は仲間の鬼たちと一緒に都で大暴れしていたそうです。

鬼の極悪非道の限りを尽くした悪事を見過ごせなくなった武将の源頼光(みなもとのよりみつ)は「渡辺綱」(わたなべのつな)を筆頭とした頼光四天王と共に討伐隊を編成し、都に災いをもたらしていた酒呑童子を見事打ち取る事に成功!

ちなみに渡辺綱の他の頼光四天王にはあの昔ばなしで有名な金太郎(坂田金時(さかたきんとき))や金太郎を見出した碓井貞光(うすいさだみつ)、それから卜部季武(うらべのすえたけ)という武将がいました!

ですが、話しはまだ終わりません!

酒呑童子が倒された後、仇を取りに仲間の鬼の茨木童子(いばらきどうじ)が討伐隊を急襲!!

しかし、最強の武将渡辺綱によって腕を切り落とされ返り討ちにあいます!

茨木童子は切り落とした腕は取り返したものの、鬼の仲間たちの間で渡辺綱の鬼をも凌駕する強さは脅威と恐怖となって渡辺綱や討伐隊だけでなく、渡辺綱の子孫、渡辺の姓を持つ家にも近づかなくなったそうです!

と、言う理由から渡辺さんの家には怖がって鬼が寄り付かないから節分に豆をまく必要がないと言われているんです!

ちなみに「渡部」や「渡邊」や「渡邉」など別の漢字でも読みが「ワタナベ」であれば豆はまかなくて良いそうです!

別の漢字の家にも寄り付かないなんて、よっぽど渡辺綱さんが怖かったんでしょうね!

 

節分の豆まきの由来と作法 最強の渡辺さんとは!?のまとめ!

いかがだったでしょうか!

ではここまでの要点をまとめていきたいと思います!

■ 節分とは季節を分けると言う意味で立春、立夏、立秋、立冬の前日の事を言い本来一年に4回ある

■ 古来より季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていて、豆まきをして邪気(鬼)を追い払い、無病息災を願った

■ 節分に豆まきをする由来

1、魔の目(魔目=豆)に豆をぶつけて魔を滅す(魔滅=豆)という説。

2、昔から米や豆には邪気を払う力があると言われていて、豆の力で邪気や鬼を追い払うために豆をまくようになったと言う説

3、宇多天皇の時代に鞍馬山の鬼が都で大暴れして人々を困らせていました。そこで鬼の穴を祈祷で封じて、鬼の目に炒り豆をぶつけて目をつぶして災難を逃れたと言う説。

4、鬼が都で暴れている時に、神様のお告げで鬼の目に豆をぶつけたら撃退に成功したと言う説。

■ 節分の豆まきの正しい作法

1、 必ず炒った豆を使う!

2、「鬼は外!福は内!」と元気よく掛け声をかけながら豆をまく!

3、豆をまくのは家の当主、あるいは年男・福女(年女)がまく!

4、まいた豆を自分の数え年分食べる!

■ 節分に渡邊さんが豆まきをしなくても良い理由

平安時代に都で暴れまわっていた酒呑童子(しゅてんどうじ)や茨木童子(いばらきどうじ)ら鬼の一派を源頼光(みなもとのよりみつ)と「渡辺綱」(わたなべのつな)を筆頭とした頼光四天王が討伐する!

頼光四天王の中でも特に渡辺綱は、茨木童子の腕を切り落とすなど鬼をも凌駕する圧倒的な力で鬼たちを返り討ちにしたので、鬼の仲間の間で渡辺綱の強さは脅威と恐怖となって、渡辺綱や討伐隊だけでなく、渡辺綱の子孫、渡辺の姓を持つ家にも近づかなくなった!

■ 「渡部」や「渡邊」や「渡邉」など別の漢字でも読みが「ワタナベ」であれば鬼はビビッて近づかないので豆はまかなくて良い!

 

と、いう事でした!

調べてみると節分ってなかなか深いですね!

豆まき豆まきって何回も書いてたら、なんだかでん六豆食べたくなってきました!w

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA